電動工具買取!壊れて動かなくなった!?

動かなくなった電動工具、ジャンク品でも買取るの

 

電動工具買取

 

 

 

 

 

ここ数年のDIYブームで、男性だけではなく女性でも電動工具を使う機会が増えたのではないでしょうか?
しかし、そんな道具たちにも寿命はあります。

 

  • 壊れてまったく動かない
  • 動くけど、調子が悪い
  • パーツをなくしてしまったから、使わずに放置している
  • どうしていいかわからないから、とりあえず捨てずにいる

 

など、そんな商品をお持ちのかたも多いのでないでしょうか。

 

電動工具は、修理して使用するというより、主に買い替えることが多いです。
なぜなら、電動工具は、安全性を一番に重視して、作業の効率をよいものを使用するからなのです。

 

動かなくなってしまった・古くなってしまったからといって、放置しておくのはすごくもったいない!
そんな工具も、ちゃんと使い道はあります。

 

実は、動かなくなってしまったものや古い電動工具なども買取してくれるお店があるのですよ。
これは嬉しい情報ですね。

 

買取専門店にて、修理し再び利用できるようであれば店頭に並びます。
もし修理が不可能だとしても、分解し、パーツを再利用することもありますから、ムダになる事はまったくありません。

 

捨ててしまうより、再利用された方が、罪悪感もなく手放すことができます。
ですから、壊れている電動工具も諦めないで、ぜひ買取専門店へお持ちくださいね。

 

買い取ってもらうには、信用できるお店を利用することが重要となります。

 

たとえ買取価格が安価だったとしても、知識が豊富で親切に対応してくれ、私たちを納得させてくれる査定員だと、お互い気持ちが良いものです。

 

来店前に、一度電話などで数店舗に相場を聞き、親身になってくれるかどうかを確認するのも良いかも。
口コミや友人知人からの情報も大事ですよ。

 

宅配買取を行なっているところもあるので、来店する時間がない時などに利用すると便利です。

 

高く売れる工具

 

高く売れる工具の詳細はコチラ↓

 

 

 

高く売れる電動工具

電動工具の相場など、なじみがないためなかなかわからないですよね。
買取専門店では相場がだいたい決まっており、それに基づいてその商品の状態を加味していくので、価格が少々上がったり下がったりと変動します。

 

まずは、その工具のメーカーなどにもよります。

 

プロ仕様なもの、プロアマ問わずユーザーが多いもの、高品質なもの、様々な商品がありますが、それに加えメーカー名なども査定では大事なポイントとなります。

 

電動工具メーカーとして有名で信頼の厚い商品は、たとえ中古品でも欲しいと思う人は多く、店舗側からみても買い取ったあとの販売も見込めます。

 

高く売れる電動工具

マキタインパクト、RYOBI、日立、BOSCH、パナソニックなどなど、ユーザーの評判も良くて品質も良くて信頼されているメーカーの商品は高く売れる可能性が高いですよ。

 

また、インパクトドライバーやインパクトレンチなど使用頻度が高いものは比較的高く買い取ってもらうことができるようです。

 

新しい型では10000円前後から、古いものだと5000円前後ほどと言われています。ハンマードリルですと、5000円くらいから最高20000円近くになることも。場合によりますが、良く使うもの・新しいものなどのほうが、お値段がつくことがあります。

 

状態によって尾根癌が大きく変わることがありますから、日頃より丁寧に扱いたいですね。

 

電動工具買取のながれ

電動工具買取のながれは各店によって少々違いがありますが、おおまかには以下のようになっています。

 

店頭買取

店舗へ直接持ち込み、査定をしてもらう。
査定後金額に合意をすれば、その場でお金を受け取れます。

 

宅配買取

HP上の専用フォームなどで、査定の申し込みと梱包材の発注(無料)をする。
梱包材が届いたら、必要書類とともに発送するだけ。

 

到着後、数日で査定終了、金額に合意すれば口座に振り込みとなる。
遠方に住むひと・時間のない人には手軽でオススメ。

 

出張買取

近郊に限る場合があるが、査定員が自宅まで来てくれるシステム。
大きなものや、たくさん売るものがある場合などに便利でオススメ。

 

 

売りたいと思っているものが本当に買取してもらえるのか不安なときは一度電話で相談するのが良いでしょう。

 

ほとんどのものは買取してくれますが、まれに買取不可能なものもあるので、無駄足を踏まないためにも事前に問い合わせすると気がラクですよ。

 

また、商品パッケージがあると買取価格が上がることもありますので、保管しておいた方がよいかも知れません!

ホーム RSS購読 サイトマップ